自社の事業計画のたたき台を、生成AIに情報を収集してもらいましょう。

自社の今後を考える上で、現状と今後の環境変化を整理し、その中で、自社がどういう事業を営んでいて、どのような強みと弱みがあるのか。また、今後の市場の変化を踏まえて、どんな方向性が考えられるのか、また、そのためには、どんな活動をすすめていけば良いのか、について、生成AIに検討してもらうプロンプトを作成しました。

前半の■の部分を変更することで、利用可能ですので、事業計画などで今後の計画を検討したい経営者の方や、支援機関の方においては、活用してみていただければ、幸いです。

なお、プロンプトが長文になっているため、生成AIによっては、途中で止まることがありますが、プロンプトで「続けて」といった形で、続けるように指示すると、続けてくれます。


あなたは、下記の#事業者(業種、所在地)の今後の経営を考える立場にあり、現在の状況を踏まえて、今後の事業をどのようにしたら良いか、その事業計画を検討しています。

#事業者(業種、所在地)
社名:「■」(業種;■、所在地:■県■市)

#ビジネスの内容
ビジネスの内容:■

今後の事業計画を考えるにあたり、まずは、#事業者(業種、所在地)について、現在の事業概要を、具体的な出典を明らかにして、まとめていただけますか。
また、#事業者(業種、所在地)の沿革がわかれば、年表形式で整理してください。


続いて、具体的な現在の状況を把握するために、以下の#制約条件1と#出力形式1に従って、既存事業に関する現状をわかりやすく説明する「ビジネスモデルキャンバス」を作成してください。

#制約条件1
・#ビジネスの内容についての「ビジネスモデルキャンバス」を作成する。
・出力の際は必ず9つの構成要素に対して詳細な分析を行ってください。
・出力は、#出力形式1 に基づいて表形式にしてください。

#出力形式1
表形式で作成してください。
1列目:構成要素→「ビジネスモデルキャンバス」の構成要素の名前を記載。
2列目:説明→1列目の構成要素に対する定義を説明。
3列目:分析→#ビジネスの内容に対する考察。


続いて、以下の#制約条件2と#出力形式2に従って、#ビジネスの内容に関する「バリューチェーン分析」を作成してください。

#制約条件2
・#ビジネスの内容についての「バリューチェーン分析」を作成する。
・「バリューチェーン分析」は、#ビジネスの内容について、企画、開発、調達、仕入、製造、物流、PR、アフターサービス、経理、総務、人事、など事業に関わるすべての活動を「機能」として分類していきます。「機能」の分類ができたら、「主活動」と「支援活動」に仕分けします。その上で、「主活動」に該当する「機能」を表にすることにより、自社にどのようなバリューチェーンがあるかを把握できるようにするものです。
・分析は、必ず客観的で、具体的で、分かりやすく、説明の過不足がないようにしてください。
・出力は、#出力形式2 に基づいて表形式にしてください。

#出力形式2
【主活動】→主活動について、下記のような表形式で作成してください。
1列目:機能→「主活動」の「機能」の名前を記載してください。
2列目:分析→1列目の内容について、#ビジネスの内容に対する考察を行ってください。
【支援活動】→支援活動について、下記のような表形式で作成してください。
1列目:機能→「支援活動」の「機能」の名前を記載してください。
2列目:分析→1列目の内容について、#ビジネスの内容に対する考察を行ってください。


続いて、以下の#制約条件3と#出力形式3に従って、以下の#ビジネスの内容に関して、「3C分析」を行ってください.
#制約条件3
・#ビジネスの内容について.一般的に用いられるフレームワーク「3C分析」に基づいて考察を行います。
・「3C分析」とはCustomer:市場・顧客、Competitor:競合、Company:自社の3つの視点から分析することで経営戦略を立てることができるフレームワークです。
・分析は、必ず客観的で分かりやすく、説明の過不足がないように、それぞれの「C」に対して詳細な分析を行ってください。
・出力は#出力形式3に基づいて行ってください。
・分析は、必ず3つの「C」についての概要と、その詳細な分析をセットで掲載します。
・分析結果をもとに総評を考えます。

#出力形式3
「3C分析」は、表形式で、以下のような構成としてください。
1.市場[分析を書く]
2.競合[分析を書く]
3.自社[分析を書く]
【総括】→上記の結果を踏まえ、#ビジネスの内容に対する考察を行ってください。


続いて、具体的な現在の事業の評価を確認するために、#事業者(業種、所在地)および#ビジネスの内容 について、インターネットの書き込みデータから、(1)どのようなお客様が多いのか、(2)他の競合事業者とどのような点が違うのか、(3)お客様からの視点で、良い点と改善すべき点について、整理していただけますか。また、その際には、具体的な書き込みデータについて、出典も明らかにしながら、いくつか紹介してください。


続いて、これまでの事業の成果として、#財務実績を記入できる表を作成してください。もし、財務実績がわかれば、過去3期分の数値を入れた表にしてください。

#財務実績
表形式で、タイトルとして「財務実績」として、表の行の項目に、「前々期」、「前期」、「当期見込み」として、表の列の項目に、「売上高」、「売上総利益」、「営業利益」、「経常利益」、「人件費」、「減価償却費」、「付加価値額合計」、「借入金額(期末)」、「純資産額(期末)」という表を作成してください。各セルは、財務実績がわからなければ、ブランクのままで結構です。なお、「付加価値額合計」は、「営業利益」と「人件費」、「減価償却費」の合計として計算してください。



では、下記の#制約条件4 に従って、#事業者(業種、所在地) の、#ビジネスの内容について、最も合理的かつ裏付けとなる資料のある未来予測を行なってください。

#制約条件4
・未来予測は、必ず過去のデータから未来でどのようなことが起こりうるのか、合理的かつ裏付けとなる資料のある予測を行うようにしてください。
・未来予測は、過去のデータとして2020年代前半から始めて、5年ごとにまとめてください。
・あなたが過去のデータしか参考にできないことも知っています。その上で、各種の予測データなども参考にしながら、今後2020年代以降どのようなことが起こりうるのか考えてください。
・出力は、#出力形式4 に基づいて表形式にしてください。

#出力形式4
表形式で出力を行う。
1列目: 年代(2020年代前半から2040年代後半まで作成)
2列目: 予測の概要(一言で何が予測されるのかを作成)
3列目: 予測の詳細(2列目の内容を、より詳細に、もしくは、いつくかの想定される具体的な内容を作成)
4列目: 予測を裏付けるデータ、根拠、参考資料


続いて、以下の#制約条件5と#出力形式5に従って、以下の#事業者(業種、所在地) の、#ビジネスの内容に関して、そ将来の「3C分析」を行ってください.

#制約条件5
・#ビジネスの内容について.一般的に用いられるフレームワーク「3C分析」に基づいて、10年後を見据えた視点から考察を行います。

・「3C分析」とはCustomer:市場・顧客、Competitor:競合、Company:自社の3つの視点から分析することで経営戦略を立てることができるフレームワークです。
・分析は、必ず客観的で分かりやすく、説明の過不足がないように、それぞれの「C」に対して詳細な分析を行ってください。
・視点は、10年後を見据えた視点で、その際に、どのようになっているのか、というイメージで検討してください。
・出力は#出力形式5に基づいて行ってください。
・分析は、必ず3つの「C」についての将来的な視点から考えた概要と、その詳細な分析をセットで掲載します。
・分析結果をもとに総評を考えます。

#出力形式5
「将来の3C分析」は、表形式で、以下のような構成としてください。
1.将来の市場[分析を書く]
2.将来の競合[分析を書く]
3.将来の自社[分析を書く]
【総括】→上記の結果を踏まえ、10年後を見据えた視点から、#ビジネスの内容に対する考察を行ってください。


続いて、#事業者(業種、所在地) の、#ビジネスの内容 について、以下の#制約条件6と#出力形式6に従って、「戦略マトリックス」として、既存の事業から、今後どのような「事業のアイデア」が考えられるか、を教えてください。考える視点としては、

#制約条件6
・#ビジネスの内容 について. 一般的に用いられるフレームワーク「アンゾフの成長マトリックス」に基づいて、「事業のアイデア」を検討します。
・「アンゾフの成長マトリックス」での検討には、4つの「戦略」で、「事業のアイデア」を、それぞれ3個以上、考えます。
(1)既存市場に、既存の製品・サービスでさらに侵攻する事業展開を考えるとしたら、具体的にどのような製品での展開が考えられますか。
(2)新規市場に、既存の製品・サービスを投入する事業展開を考えるとしたら、具体的にどのような製品での展開が考えられますか。
(3)既存市場に、新しい製品・サービスでさらに侵攻する事業展開を考えるとしたら、具体的にどのような製品での展開が考えられますか。
(4)新規の市場に、これまでにない新しい製品・サービスで事業展開を考えるとしたら、具体的にどのような製品での展開が考えられますか。
・検討は、具体的で、かつ、客観的、かつ、分かりやすく、説明の過不足がないようにします。
・それぞれの「事業のアイデア」について、その事業を進めるための「活動アイデア」(必要な設備投資や活動など)を具体的に検討してください。その際には、「ブレーンストーミング」のルールを活用して、具体的な「活動アイデア」を100文字程度で、各々について5個程度考えてください。つなみに、「ブレインストーミング」のルールは、「批判をしない」「自由奔放に出す」「質より量を求める」「他のアイデアに便乗(連想・結合)する」の4つがあります。

・出力は#出力形式6に基づいて行ってください。

#出力形式6
「アンゾフの成長マトリックス」は、表形式で、以下のような構成としてください。
(a)市場浸透戦略
  [(1)の「事業のアイデア」を書く]
  [「事業アイデア」を実現するための「活動アイデア」を書く]
(b)市場開拓戦略
  [(2)の「事業のアイデア」を書く]
  [「事業アイデア」を実現するための「活動アイデア」を書く]
(c)新製品・サービス開発戦略
  [(3)の「事業のアイデア」を書く]
  [「事業アイデア」を実現するための「活動アイデア」を書く]
(d)多角化戦略
  [(4)の「事業のアイデア」を書く]
  [「事業アイデア」を実現するための「活動アイデア」を書く]



#財務計画

表形式で、タイトルとして「財務計画」として、表の行の項目に、「当期見込み」、「1期後」、「2期後」、「3期後」、「4期後」、「5期後」として、表の列の項目に、「売上高」、「売上総利益」、「営業利益」、「経常利益」、「人件費」、「減価償却費」、「付加価値額合計」、「借入金額(期末)」、「純資産額(期末)」という表を作成してください。セルは、わかれば具体的な数値を記載してください。もしわからなければ、ブランクのままでも結構です。